ポカミス防止の決定版!バーコード照合システム ポカノンのピーシートレンドです。バーコードによる業務改善は是非当社にお任せ下さい。その他各種システム開発承りますのでお気軽にご相談下さい。

ホストプログラム仕様

ハードウエア

項目 内容
動作環境
※2018年06月修正中
OS:Microsoft Windows 7/8.1/10
※64bitの場合、WOW64の環境で動作します。
※Windows Updateで最新の状態にしてご使用ください。

Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1が必要です。
※Windows 8以降のOSで、.NET Framework 3.5が有効ではない場合、ポカノンをインストールする前に.NET Framework 3.5のインストールが必要です。
その際、インターネットへの接続が必要となります。

※必要な記憶容量は、登録件数、段取・架替え記録保存件数により増加します。
なるべく多くの空き容量を確保して下さい。

※BT-1000/1500/Wシリーズの無線通信対応ハンディターミナルを使用される場合、ファイアーウォールやセキュリティソフトの設定によっては、データ通信できないことがあります。
その場合は、設定を変更したり、無効にする等の対策が必要です。
※無線ハンディターミナルの使用可能な台数については、動作環境・作業環境などに影響を受けます。
USBポート ※USBモデルの通信ユニットを使用する場合
USB2.0(もしくは、互換性のあるUSB3.0)
COMポート ※RS-232Cモデルの通信ユニットを使用する場合のみ(BT-600・BT-1000/1500シリーズ)
115Kbpsをサポートしていること
ディスプレイ解像度 XGA(1024×768)以上推奨
バーコード印刷 印刷バーコード規格:Code128

プリンタ:A4対応 レーザー方式
※インクジェット方式で出力したバーコードは、にじみ・カスレが生じて読み取れない場合があるのでお勧めしません。

ラベルシート:弊社指定メーカー製の特定型番または同等品
※推奨品:㈱東洋印刷 Lサイズ:CD20S / Sサイズ:LDW5.0C

登録データ・入力データ

項目 内容
転送ファイル数上限 ・BT-600:120(図番100件まで)
・BT-1000/1500/Wシリーズ(バッチ通信版):128(図番100件まで)
※図番ファイルを1つにまとめる場合は、ハンディターミナル本体の記憶容量の空きに依存します。
・BT-1000/1500/Wシリーズ(無線通信版):ファイル数制限はありません。
※ただし、エントリー数を超えると自動で古いファイルから削除されます。
作業者コード 最大8桁の数値(0~99999999)
Z軸№/図番 最大4桁の数値(1~9999)
サブアドレス登録上限 最大10種類(0~10の数値をサブアドレスコードとして割当て)
登録部品点数 ディスク容量が許す限り。ただし、PostgreSQLの仕様に依存する。
登録図番数 ディスク容量が許す限り。ただし、PostgreSQLの仕様に依存する。
代替部品点数/Z№ ディスク容量が許す限り。ただし、PostgreSQLの仕様に依存する。
マシン№ 最大3桁の数値(1~999)
ユニット№ 最大3桁の数値(1~999)
図番・図番名 英大数字半角および空白32文字以内
ライン名・設備名 英大数字半角および空白20文字以内
作業者名 英大数字及び第1水準漢字半角30文字 / 漢字15文字以内
部品コード 英大数字半角32文字以内(部品バーコード印刷は29桁まで)
部品名 英大数字半角32文字以内
2次元コード
(BT-1500シリーズ,
BT-W75/85/155/250/350のみ)
最大半角999文字以内の2次元コードのみ対応。それ以上の2次元コードを読み込むとエラーになります。
※ただし、履歴に記録できるのは先頭から最大255桁までになります。
本システム(ホストプログラム、ターミナルプログラム)は、日本国著作権法および国際条約により保護されています。
この製品の全部または一部を無断で複製、または無断で複製物を頒布すると、著作権の侵害となりますのでご注意下さい。

お気軽に問合せ下さい。 TEL 0897-43-2212 受付時間 10:00~17:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

アーカイブ

Copyright © ピーシートレンド株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.